【ペットを保護した方へ】保護猫の里親希望者が見つかった事例2点・対処法

【ペットを保護した方へ】保護猫の里親希望者が見つかった事例2点・対処法

おとちゃん
何人かの猫を保護した方に、SNSなどの協力をし、里親さんを探すお手伝いをしました!

SNSを見ていると、迷子犬の捜索や、里親募集の内容が拡散されていることがあります。
「何とかしてあげたいなぁ…」という気持ちで、よく拡散の協力をする私ペットシッターおとちゃん。

去年(2021年)は迷子犬や保護猫に関する投稿で数件拡散させていただきました。
その中で特に多いのは猫の保護。

この記事では、関わった時のいくつかの事例と、保護した際に必要な知識についてご紹介できればと思います。

また別記事では対所法について書いてますのでそちらをご覧ください!

実際にあった保護の事例

Case.1「多頭飼育放棄」

Aさん
ご近所さんで猫を置き去りにしたまま引っ越した!

知人のご近所さんに住んでいたご夫婦が離婚をきっかけに引っ越しをしたとのこと…。
家主はその際、ゴミと一緒に猫を置き去りにしたそうです。
「ニャーニャー」とお腹を空かせて鳴いていたところを発見されました。

その数、子猫や成猫合わせてなんと11匹!

おとちゃん

ちなみに、この家は取り壊される予定だったそうです…

実際の猫の写真は、以下の通り。

突然の事態に戸惑いながらも、ご近所さんをはじめ、知人の方が一生懸命ご飯をあげてくださったそう。
保健所へ連絡し、保護できる分は保護してくれました。それでも半分以上残っていたそうです。
Aさんは、里親希望者がちゃんと飼えるように、毎日頑張ってお世話をしてくれていました!
私はその間、できる限りSNSで里親さんになってくれる方がいないか呼び掛け、拡散ししました。
ご近所さんやSNSを通じて11匹全て保護することができました。
ほぼ、里親希望する方に譲渡されましたが、一部は保健所さんの方で保護をし、里親さん探しをしてくれているみたいです。
その後、保健所ではボランティア団体にも里親募集を呼び掛けてくれていたみたいです。
現在でも里親を待っている子もいます…。

おとちゃん
保護してもらった時点では美人さんになっていたので、すぐに新たな飼い主さんが見つかってほしいと願っています。
保健所さんの方ではたくさんの里親希望を待つ子たちがたくさんいます。
ぜひ、ペットを希望されている方で、最後まで責任を持てる方は一度問い合わせてみてください!

Case.2「母猫に置き去りにされた三毛猫ちゃん」

Bさん
子猫を保護した方がいて困ってるみたいなの…
知人を通じて子猫を保護した方がいると連絡がありました。
BさんはSNSはやっておらず、ご自身の周りでも里親になってくれる方が見つからないと困っていました。
せめてもの思いで、里親探しを協力をすることに!拡散していた当時の記事です。
ペットシッターおとちゃん/お世話・お散歩代行

更新(2022年1月17日):すでに里親さんが決まりました。本記事は、募集しているときの内容です。 こんにちは! ペット…

この子の母猫は野良で、以前から妊娠を繰り返していたそうです。
この子も、その野良ママから生まれた1匹で、ある日突然この子を残したまま失踪してしまったとのこと。
保護した当初は生後2~3カ月とお話ししていました。

毎日拡散するも、なかなか里親希望する方が見つからず…。
その間はBさんが毎日、保護した場所まで通い、小屋内でご飯をあげたり、トイレのしつけをしてくれたり、寒さ対策をしてくれたりと、一生懸命尽くしてくれていました。

そんな時、SNS繋がりで知り合いになったカフェを経営されているオーナーさんのご協力のもと、動物病院で里親探しに協力してもらえることになりました。

三毛猫ちゃんは現在、正式に「ミケちゃん」という名前で無事に家族として先輩猫ちゃんがいるお宅で愛されているそうです♪

実体験を得て感じたこと

【今回の保護猫の事例を通して感じたこと】


・保護をしてからの対処法がわからない人が多いということ
・ペット未経験者は、まず何をするべきか分からないということ

という事に気付きました。

実際に保護される確率が高いのは「子猫」。

本来、親元である成猫を保護して、被害を軽減してあげればよいですが、成猫の場合は人間に対する警戒心が増していることが多いので、ほぼ保護するのが難しいと思います。

猫の繁殖周期

おとちゃん
皆さんは1匹の猫の妊娠をきっかけに、年間で何匹の猫が出産されるかご存じですか?

1年のうちに1匹が妊娠をし、その猫が避妊・去勢をしていないでいると約80匹にまで増えるんです!!!

猫の島として愛されている田代島や江の島などは、まさにこういう感じで増えていった結果だと思います。

しかしながら、猫島のような場所は島民の皆さんが家族の一員の気持ちで受け入れてくれているからこそ、猫の方もご飯や寝床にも困らずに成り立っています。

ですが、私たちが普段生活している街は、そうもいきません。

昔は近所のあちこちに当たり前のように野良猫がたくさんいました。

 

おとちゃん
私が代々飼ってきた猫たちは、野良猫ばかり保護してきました!

当時は私も小学生で野良猫について深く考えていませんでした。
しかし、野良猫問題は今や深刻な問題になっています…。

保護した時の対応

別記事でも紹介していますが、それに付け加えてもっと詳しくお話したいと思います!
ここでは猫を飼ったことがない方でも、最低限のお世話方法をご紹介したいと思います。

ペットシッターおとちゃん/お世話・お散歩代行

【命を助ける】捨て犬や猫を保護した時にやるべきこと、里親の探し方。 【この記事で分かること!】 目次 1 【命を助ける】…

保護した場合、何もしないわけにはいきません。
命を救うには最低限の物は必要になります!

おとちゃん
あくまで私の個人的な考えので、参考まで!

必要な物は…


・大きさに合ったご飯(ドライフード・缶詰・ミルク)
・水
・トイレ、トイレ砂
・防寒対策(冬)・・フリースや毛布、段ボール
・通院や譲渡する際に移動しやすいようにキャリーケース

おとちゃん

あくまで一時的な管理の場合なので、ホームセンターで手頃に売っている物で大丈夫だと思います!

ご飯について…

お腹は必ず空かせますし、栄養を取らないと特に子猫の場合は命に関わります!

保護した時の大きさにもよりますが、病院へ行った際に年齢や健康状態を確認した上で、その子の年齢に合ったご飯やお水をあげてください。

ホームセンターのほとんどのペットの餌には、対象年齢が記載されています。

ある程度大きい子の場合には、ドライフードでも問題ないかと思います。
子猫の場合には、ドライフードよりも、缶詰やパウタイプの方が柔らかくて食べやすいです。水分補給の繋ぎにもなります。


【仔猫用パウ】

ウェットフードには70~80%の水分が含まれています。
なかなか自力で水分を取らない子は食事から水分量を増やしてみましょう!
おとちゃん
チャオチュールはあくまでも「おやつ」です。総合栄養食にはなりませんのでご注意を!

【子猫用ドライフード】

こちらはロイヤルカナンというブランドのドライフードになります!

おとちゃん

我が家の愛猫「ハク」を飼うことを決めた時からロイヤルカナンをあげていました!

【ロイヤルカナンのフードの特徴】


・年齢・体形・体質の状態に合わせた健康維持をサポートしてくれるのが特徴!
子猫の場合、【成長前期・生後1~4カ月】【成長後期・生後4~12カ月】に合った栄養をサポートしてくれます。

【成長前期の場合】…乳歯に適した超小粒タイプで食欲を刺激します。
【成長後期】…永久歯に最適な大きさで消化吸収をサポートします。

通常のフードよりも値段が少し張るので、緊急時の場合にはホームセンターやペットショップにある手頃の物で十分です。

【子猫用ミルク】

生後3か月以内の場合には、ミルクを欲しがるかもしれません。子猫用のミルクをあげてみてもいいと思います。

※人間用の牛乳を猫に飲ませるのはお勧めしません。
牛乳に含まれる「乳糖」という成分が猫にとって良くないからです。
「乳糖」とは、「ラクトースト」という糖類の一種で、猫には乳糖を分解するための「ラクターゼ」と呼ばれる酵素をあまり持っていません。お腹を壊しやすくなります。
おとちゃん
ペット用のミルクがあるのには、ちゃんと意味があるんですね!
ただし、器であげても飲み方すら分からないのが普通です。
始めはスポイトがあれば飲ませてあげたり、なければ指にミルクを付けて口元を濡らすようにあげてみて様子を見ましょう!

トイレについて…

生後3か月以上になってくると、人間の子供と同じく、物覚えを少しずつしてきます。

猫の場合、1番始めに教えなければならないのがトイレのしつけです!

おとちゃん
室内で保護している時は、トイレのしつけをしましょう。
トイレにはいろんなタイプがありますが、形状はオープンタイプの簡易的で、比較的ホームセンターでも手ごろに販売している物でいいと思います。トイレと砂を用意しましょう!

【トイレをするタイミングの目安】


・寝起きや、寝る前
・ご飯を食べた後
・運動した後

上記のタイミングで、こまめにトイレに連れて行きましょう!

猫は犬よりもトイレを覚えるのが早いと思います。
自分のオシッコの臭いで、根気よく教えていればすぐトイレの場所を覚えてくれると思います。

防寒対策について…

子猫の場合、体温調節が難しいです。

段ボールの中にフリースやタオルを敷いて寒さ対策をしてあげましょう!
特に冬の場合には寒暖差が激しいので、カイロや湯たんぽ(お湯を入れたペットボトルでもいいと思います)など、低温やけどをしない程度に温めてあげるといいです!

おとちゃん
猫は本能的に隠れる場所があると安心する傾向があります

避妊・去勢について…

※あくまで強制ではありませんが…
野良猫がどんどん増殖する…
同じ繰り返しにならないためにも、
生後6か月以上の猫の場合は、獣医さんと相談の元避妊去勢をしてあげた上で譲渡することをお勧めします。
その際、病院に通院しなくてはなりません。
手術後も安静に連れて行かなければならないので、キャリーケースを準備しましょう!
おとちゃん
定番はこのタイプだと思います!
暴れる際には洗濯ネットで保護してから入れると落ち着くみたいです。

まとめ

岩手のような田舎の環境では、迷子になって困っているワンちゃんや、救うべき野良猫や保護猫問題は知らないだけでたくさんあるんだなという事を、より考えさせられました!

また、ペットのお世話をするのが大変な高齢者や、ペットのお世話のやり方や飼い方を知らない方も多いはずです。

そんな方の少しでもお役になればと思います。また、お世話についてお困りの際はお気軽にご相談ください!

最新情報をチェックしよう!
>ペットシッターおとちゃん

ペットシッターおとちゃん

【資格】愛玩動物飼養管理士1.2級、動物取扱業登録:[種別]保管/愛玩動物介護士/盛岡ペットワールド・しつけインストラクター科卒業/【ペット】コーギー、猫2匹/ 2019年12月まで盛岡市内にあるペットサロン「Le terrie(ルテリエ)」ドッグ カフェスタッフ兼シッター担当で働いていました。(現在・カフェはありません)

CTR IMG